プロジェクトLCC 海外恋愛&海外ナンパ

【海外ナンパツアーソウル後編】日本人が嫌いな韓国娘

投稿日:2017年12月11日 更新日:

ソウルツアー2日目

前回タイで出会った英語を話せない巨乳コリアンちゃんとセクロスに成功したぼく

【海外ナンパツアーソウル前編】おっぱいと韓国とワタシ

ついでにパンツゲットも果たし、
最高のスタートを切る

巨乳ちゃんはフルスモークベンツのお父さんが迎えに来てくれて、

一緒にいれなくてごめんなさい!などと言いながら去っていった

 

 

お父さん超怖かった。

 

サヨナラするときに

初めて参加者の方々と合流。

 

今回最も僕に絡みに来てくれた

日本でも年間100ゲット以上のナンパがち勢のおふたり

 

お二方ともにイケメンで

 

ジェシー
普通にイケメンですね!

 

と言った覚えがある

 

ちなみに、

これだけは書いておきたいのだが、

 

海外ナンパツアーは団体戦にも近い。

 

参加者はお互いライバルであり、

最高の仲間となる。

 

即の数を競うのは本意では無いものの、

どうしてもナンパ好きたちが集まると明確な数字に目が行ってしまうため、、、

 

ゆえにライバルでもある。

 

こればっかりは参加した方しか分からない、カオスな集まりなのだが、謎の友情も生まれる。

 

感覚としては、

 

ジェシー
(あーここにいたんですね。マイメン。)

 

そんな感じ

 

基本楽観的でポジティブな方が多く、

おまけに性に対しても明るく、

自分のコレクションや経験を共有すると一瞬で仲良くなれるのだ。

 

あしたのプロジェクトLCCは画面の前のあなたがつくる!!

 

はなしをツアーにもどそう

 

即ったあと、クラブに行ったのだが、
ははは、、、初日の記憶はほとんどない。

 

確か深刻な日本人既存不足のぼくはニホンジンと絡んでいたと思う。

海外ナンパ師の風上にも置けない。

 

最終日までぼくはイテウォンという街でずーーーと声をかけ続けていた。

 

 

公家さんがラジオで言ってた

 

六本木をカオスにした感じ

 

ぼくは大好きだった。

 

しょうもない音楽で溢れ、つくりもので無機質な六本木に近い。

なんというかドン・キホーテの横のトイレ前みたいな雰囲気がたくさんある感じ。よくわからんな。

 

ふらふらとナンパに疲れて入ったチャージフリーのhiphop系クラブは心地良く、

みんなゆるくダンスをしていて、

ずっといたかったが今回はナンパ目的だったので長居できなかった。

 

もし、コリアに住んでいたら平日にふらっと行くだろう。

 

その日は帰ってみなさんに挨拶したとかそんな感じだ。覚えてない笑

 

本題に入ろう、その次の日のアポの話だ。

 

タイトルのカノジョは

日本語がネイティブばりなので

外国人に慣れてない日本人が外国人に「へ、ヘロー。。。」と話しかけて、

あ!この人日本語が話せる!

と分かった瞬間にとるいきなり上から目線の失礼な態度が大嫌いな娘だった。

 

うんうん。

言わんとすることは分かる。

 

ただ、そんな不満を赤の他人であるぼくにするテメーのアタマも湧いてんなぁって感じだった。

 

さてさて、この娘も最近ブームだった

寿司アポ打診をつかう

 

 

説明しよう

 

寿司は万国共通のウマイものとして認知されており、世界二位の訪日国であるコリアンのみんなも大好きな食べ物だ。

 

ジェシー
Do you like sushi?

 

ジェシー
I can cook for you.

 

中学レベルの英語で直家打診ができる最高なセリフだ。

カノジョは言った。

 

レディー
なんでいきなり家?あとなんで英語?

 

ぼくは言った。

 

ジェシー
オレは最高の寿司をキミに作りたい。

 

英語なのはコピペだからだよハニー。

 

そして、さまざまな押し引きがあり、
ぼくはこの娘にも手料理を披露することになる。

 

 

我ながらなんてスムーズな流れなんだ。

ジュテーム。

 

ぼくがノーベルなら、

寿司を開発した人にノーベル賞を与えたい。

 

ちなみに、コリア滞在から1日経ったが

まだ自分の手料理しか食べていない。。。笑

さらに言うとこのメニューは2回目である。

昨日と同じなのだ笑

 

失敗が怖く、過去の成功体験にすがりつく男

それがぼくだ。

 

スポンサーリンク

AdSense23Dec

 

カノジョはよく話す娘だった。

 

どうでもいいアメリカ在住のハイスペ元カレのはなしだったり、自分が日本に住んでいた時のはなしを自慢げにはなす。

 

マジで死ぬほど、どうでもいい話だが、

 

ジェシー
ふんふん、へー!!超オモロイね!

 

 

などといって気持ちよく話させてあげる。

 

前戯は既にはじまっているのである。

 

しかし、少しでも肩に手を回したり、手をつなごうとすると、鬼グダ。

 

どうでもいいがぼくは会った瞬間から暑いと言い、上半身裸である。

 

セックスアピールのつもりだが、効果があるのかはいつもよくわからない。

 

ジェシー
おれ筋トレ好きだから腕触ってみーや

 

よくエロい人たちが使う

逆にカラダ触らせる打診などを実施

 

それでもダメ

 

 

 

ジェシー
ごめん!おれ自然と肩とか触ってしまうから離れるわ!

 

といい5メートルくらい離れたり、

 

可愛すぎてムカつくを応用した

 

ジェシー
セクシー過ぎてムラムラするから腕立て伏せするわ!

 

といい、

 

ハァハァ言いながら全力で腕立て伏せをしたり、

 

がんばる。

 

 

そんな僕のがんばりを家にいる仲間たち、

壁の向こうで隠れて聞いてくれていた。

 

 

そう、我々は六人部屋みたいなところを借りていて、合宿所のように過ごしている。

 

そんなこんなで2時間くらいたったとき、
もうカノジョは仕事に行く時間だった。

 

残り30分

 

 

もうぼくはこの時点でどう放流するか考え、諦めていた
もう既にカードは出し尽くしていたので。

 

じゃあ、最後に思いっきりギラついておくかと

 

ジェシー
もうそろそろ行く時間じゃないっけ?

 

レディー
そうだね

 

ジェシー
じゃあ最後にハグしようか

 

レディー
うん

 

ハグしながら耳を舐める

 

レディー
ちょっとやめてよ

 

少し押して部屋まで連れて行く

 

レディー
だめだよ

 

といいながら自分から入っていく

 

ジェシー
(おやおや?)

 

レディー
だめだよー

 

といいながらベットの上へ

 

レディー
だめだよー

 

といいながらおっぱいを露出

 

レディー
だめだよー

 

といいながら

 

パンツを脱ぐ

 

気がつくとスイッチが入ったのか、
僕の上で激しく腰を振っていた

 

 

ジェシー
(エッチな韓国人だな)

 

と思っているとすぐにイッてしまったので、

もう一回する

 

レディー
仕事に遅れるー

 

といいながらも

 

レディー
あん♡

 

と甘える

 

やれやれだぜ。

 

その後、バスまで送ってあげて元気に出勤していった

僕はカノジョを見送り

 

グループラインにゲット報告を送る

 

やれやれだぜ。

 

新しくブログ始めました。よかったらどうぞ。

 

 


AdSense23Dec

AdSense23Dec

-プロジェクトLCC, 海外恋愛&海外ナンパ

Copyright© 海外恋愛&海外ナンパ研究所 , 2018 All Rights Reserved.