プロジェクトLCC 海外恋愛&海外ナンパ

【ひとりで海外ナンパツアー(インドネシア編)】ムスリムのむすめとオレのむすこ

投稿日:

金曜日の夜

 

 

飛行機でジャカルタへひとっ飛び。

 

仕事終わりにサクッと行けるのでマジで便利

 

 

今回の目的?

 

 

それは勿論。

 

 

海外ナンパだ

 

 

ただ、すまんが今回セクロスの話中心ではない。

 

全裸待機してもらった読者は、そっとブラウザを閉じて頂きたい。

 

 

本エントリーでメインの話となるのは宗教と駐在員に関して。なは。

 

 

シンガポールからジャカルタまで約1時間ほどで到着

 

ちなみにボクがシンガポールチャンギ空港で最も好きな場所は空港の税関である。

 

ボクらシンガポール市民、ビザを保有している人のみ自動改札で税関を通過できる。まるでビジネスクラスに乗るエリートが如くうだうだと並んでいる人たちを横目に通るとき、器の小さいボクは快感を感じるのであった(笑)

 

空港に着陸して30分で外に出れるためタイの糞ドンムアンや糞セブ空港みたいな無能な仕組みは一切無い。

 

チャンギ空港=ノーストレス

 

ここに書く意味は無いが最高すぎて伝えたくなる。

 

話をナンパサイドに戻すと、事前に海外ナンパ必須アプリ「tinder」様をフリックさせ、2泊3日の週末旅行であったが累計7アポというビジネストリップさながらの忙しい予定を作っていた。

 

結果にコミットする。

一人でも多くの現地外国人を幸せにする。

 

そんな世界が望まぬとも勝手に掲げたライザップさん顔負けの大義を持ってジェシーことボクは東南アジアを回っていた。

 

第一村人もとい国民は日本語が巧みな日系企業勤務Theインドネシア人な濃い顔の娘

 

前日にLINEで電話しており、直接ホテルロビーにて待ち合わせ、しかし、ジェシーさん渋滞を想定しておらず、まだ会ってもいない娘をホテルロビーに一時間ほど待たせてしまう失態を犯す。

 

さらには空港でsimをゲット出来なかったため、その渋滞中連絡すら出来ない。

 

もう待ってないだろうなあーと思いながらロビーに行くと。。。

 

ジェシー
いた!!😂😂😂

 

めちゃ良い娘やんけー

 

初めて行く国に知り合いがひとりもいない場合強い孤独感を感じる。

そんな中彼女は待ってくれてた。

 

言うまでもなく、ジェシーさん恋に落ちる。

 

運命の出会いとも言える一目惚れである。

 

これが、、、恋、、、??

 

しかし、残念ながら、

 

 

カノジョは駐在員の妻帯持ちに食い荒らされてる日本語話者クラスタだった。

 

要約すると、日本人の彼氏がいて2年付き合って彼に会いに日本旅行に行くチケットを買った後突然別れを告げられ、ひとりで日本を旅行をすることに。

 

実は日本に奥さんいたパターンね。

 

海外よく聞く話し率1000%超えのあるあるストーリー。

 

とても残念な娘であった。

 

婚外恋愛という言葉はボクたちのナンパ業界でよく聞くし、ボクも今結婚したらカノジョを別で作ってしまう。

 

ただ、この娘の場合、宗教の禁忌を破っているほど非モテフルコミットを日本人の彼氏に実行。しかし、実は将来結ばれないと分かりきっていた運命なんて可哀想すぎワロタである。全俺が泣いた。

 

 

そう、カノジョはムスリムなのだ。

※ムスリムは結婚するまでJOJOでないといけない(勿論、色んなタイプの宗派有り)

 

 

海外ナンパ関係ないやんと書きながら思ったが続ける。

 

海外ナンパというカタチで様々な出会いがあるものの、多く直面する宗教の問題。

 

日本人は根本に仏教や道徳的思考があるけど基本的に無宗教だと思う。

 

 

ちなみに、ぼくは筋トレ教だ(*ノω・*)テヘ

心を穏やかにするために日々ダンベルへ祈りを捧げている。

 

なははは(苦笑)

 

 

宗教、それは万人に対して心の拠り所であり、もしも世界で誰ひとりとして頼る人がいない、そんな寂しい人でも頼ることができる有り難い存在なのだ。

 

海外にでるまで宗教に興味なんて一切なかったが、可愛いムスリム娘と出会うとこういった知識が自然と舞い込んでくるのである。

 

何が言いたいかというと、そんなムスリムの掟をぶち壊して、女の子を傷つけ、日本の奥さんとのうのうと暮らしてる糞人間が世の中にいるということ。

同じ日本人として悲しいでござる。

 

まあ、当の本人たちにとっては大きなお世話なんだろうけどね。

 

 

ロビー待ち合わせだったのでベットの上で話してたけど、もう負のオーラ全開でセクロスよりも関係持つほうがリスクだった。

 

ムスコ
おみゃーそげなこと言える立場じゃなかろーもん

 

ジェシー
はい、すみません。誰でも行ける言うて30年以上生きてきました。ただ、ただ、、、

 

ムスコ
せやな、今回は勘弁したる

 

放流👋👋👋👋👋

 

 

さて、まだ時刻は12時ということでジャカルタのX2というクラブへ

http://www.x2club.net/

 

 

海外ナンパツアーを実施していると、各国でとても丁寧にアドバイスをくれる親切な方々が多い

 

 

MashさんはボクのつまらないツイートにいつもLikeしてくれるとても良い方であり、今回も色々インドネシア情報を共有していただいた。心から御礼をいいたい。

 

X2はこの時だけかもしれないが、やたらアフリカ系黒人の多い、不思議なクラブだった。

 

団体様ばかりでお一人様なんて僕くらい

 

さくっと1人でふらふらしている子とチューをして、持ち帰ろうとすると金を要求してくる。

 

風俗な気分じゃなかったので丁重にお断り、6人組のグループの横でくねくねジェシーダンスを踊っていると、ボクのタイプのエキゾチックブラックスキンスキニー娘と目が合う。

 

 

いつもの適当な会話

 

ふむふむ、どうやら彼氏がいるらしい。

 

ただ、一段上のVIPかよくわからんがテーブル席から肩を組んで踊ってくる‥

僕は彼女の腰を弄る。。。

 

自分が可愛いと思う子と踊りながらいちゃいちゃするのは楽しい

 

カノジョは雑誌のVOGUEで働いてることもあり、お洒落で英語もとても聞きやすかった

 

この時、ジェシーさんなんと恋に落ちていたのである。。。

 

インドネシア滞在中既に2人目

 

 

連れ出したいものの、今日は友だちと来ているからグダが強く打ち崩せない泣

ショボ腕ながらもこの娘イチャイチャするので満足していまい、最終的にはクローズまでカノジョと踊りながら夜は更けていった。。。

 

 

ランキング参加中 ポチッと応援して下さいませ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

AdSense23Dec

AdSense23Dec

-プロジェクトLCC, 海外恋愛&海外ナンパ

Copyright© 海外恋愛&海外ナンパ研究所 , 2018 All Rights Reserved.